派遣社員の方がカードローンに申し込む際の要注意事項

近年雇用形態が多様化し、派遣社員や契約社員などの非正規雇用による労働で生計を立てることがごく当たり前になってきました。

 

それまでカードローンというのは正社員の方だけが利用できる金融商品であり、それ以外の雇用形態の方は申し込んでも審査されないので無意味でしたが、今では派遣社員の方でも気軽に申し込めるカードローンが続々と登場してきています。

 

それでは派遣社員の方がカードローンに申し込む場合、何か把握しておくべき重要事項というのはあるのでしょうか?

 

カードローンに申し込む際に注意が必要

 

まず派遣社員の方がカードローンに申し込む際は、勤務先についてどのように記載するべきか悩むかもしれません。派遣元の企業名を書くべきなのか、それとも今現在派遣されて勤務している派遣先企業名を書くべきなのか、という問題です。無難なのは、両方とも記載して提出することです。

 

もっとも、派遣社員の方の申し込みに対応しているカードローンの多くは、派遣元と派遣先、どちらも記載できるような作りの申込書になってきているようです。

 

さらにカードローンの審査においては派遣社員の方も正社員同様、安定的な収入を得ているかどうか、またある一定期間以上の勤続年数同じ職場で勤務しているかどうかが問われます。

 

そして、たとえ収入が高めであったとしても派遣元に登録されてからあまり期間が経っていない状況の場合は、「これからまたすぐに職を変えるかもしれない」という風に見られてしまうかもしれません。そのため派遣元に登録を済ませてから最低半年以上経ってからカードローンに申し込むようにしたほうが無難です。

 

また、自分が審査に通過できるかどうか不安な方は本審査申込前に、公式サイトの仮審査を受けて見ましょう。短時間のうちに結果が判明し、借り入れ可能かどうか確認することができます。

 

↓ノーローンよりもおすすめのカードローン↓