カードローン申し込み時、派遣社員の在籍確認について

カードローンの申し込みを行った派遣社員でも在籍確認は必ず行われます。在籍確認はカードローンの申し込みを行った全ての人に対して行われるもので、申し込み時に書いた勤務先に実際に勤めているかどうかの重要な確認であり、これが終わらないと審査は終了しません。

 

ただし、在籍確認はその名前が示すように、在籍していることが確認できれば良いわけです。本人が電話口に出なくとも、社員の方が「ただいま席を外しておりますが」という取り次ぎ方をした場合、その本人は会社に在籍していることがわかるため、その時点で在籍確認は終了するというわけです。

 

派遣社員の在籍確認はどうなってる?

 

派遣社員の場合には、派遣元へ電話をかけるようにカードローン会社で決められています。つまり、派遣社員が派遣されている先の会社へは在籍確認は行われないということです。

 

派遣元の会社へ電話をかけるということで、カードローンの申し込みを派遣元の会社へ知られたくないという場合であっても、派遣元の会社が「○○は派遣先の企業におります」という形で対応してくれた場合、これが在籍確認となりますのでこの時点で在籍確認が終了します。

 

カードローンの利用を他人に知られたくない

 

カードローン会社は自分の身元を明かさずに電話してくるので、申し込みを行ったことは派遣元にわかることはありませんが、最近では派遣元が派遣社員の身元を明かさずに対応するケースがあります。

 

そのため、カードローン会社からの在籍確認があっても、「○○おりませんが」という対応を派遣元がしたとします。するとその時点で在籍確認は行われなくなったことになり、審査に落ちてしまいます。

 

こうした事態を避けるためには、あらかじめ派遣元にカードローン会社からの在籍確認の電話が来る可能性があると知らせておくことです。知らせずにそのままにしておくと、派遣元がもしもプライバシー保護の目的であなたの在籍を否定した場合、せっかく申し込んだカードローンの審査が無駄になってしまいますので、事前対策はしっかりしておきましょう。

↓ノーローンよりもおすすめのカードローン↓